ジュエリー・ワンダーラスト

エシカルジュエリーブランドの立ち上げ準備の記録と海外暮らしについて。

あの頃は若かった

前々回の記事とつながるが、そういえばマザーハウスの山口さんが起業する際には、大学時代の先輩の山崎さんの絶大な協力があったと書かれていた。山崎さんは後にマザーハウスの副社長になる人なので、大学時代の友人(というか先輩後輩)同士で社長、副社長というのはすごいな、と思う。

続きを読む

人はパンのみにて生くるものに非ず

実はこのところ、「途上国疲れ」をしている。

 

そういう言葉が存在するのかは知らないが、発展途上国で生活することに嫌気がさしてきている、ということだ。スーパーに買い物に行くことさえ嫌で、人との関わりを避けてなるべく家から出たくないと思う。原因は主に2つ。

続きを読む

絶対に猛禽類ではある

白状しよう。これと言った進捗がない。

 

仕事と家庭の事情によりアフリカ某国在住になってから、サンプルの開発を一時ストップせざるを得ない状況になっている。その間にも仕入れ先の開拓や石の勉強など出来ることをしているが、ブランド立ち上げに直結する進捗には結びついていないのが現状だ。夏に一時帰国するタイミングで停滞している物事を動かそうと算段を立てているため、とりあえず今自分が出来ることに集中している。

 

そんな状況でもブログを更新するための策として、「海外生活」というカテゴリーを追加した。これならば生活している限り書くことがある。知り合いがいない国での生活で文章を書くことは、一種のセラピーにもなるので今後も続けていくつもりだ。

 

続きを読む

博士号取ってDr.と呼ばれたい

 前回に引き続き、宝石関連の学習について。

 

過去に何度も書いているが、私はアンティークジュエリーが好きだ。アンティークジュエリーを学ぶことは、宝石やジュエリーを学ぶこととはまた違う視点が要求される。

続きを読む

目黒川沿いのスタバはたぶん一生入れない

現在日本では桜が満開なようで、家族や友人から送られてくる桜の写真を見ては羨ましくなる今日この頃。日本に住んでいた時さえ、海外出張が被ったりして春や秋を逃すことはままあった。出張期間は大体2週間から1か月程度だからひと季節丸々逃す、というのは言いすぎなのだが、桜の開花や紅葉の時期を逃してしまうと、感覚としては春や秋を全て逃してしまった、という気持ちにどうしてもなるものだ。その点、夏や冬は長いので良い。

 

さて、本日私はここに宣言する。

続きを読む

話すときに「定義は?」って聞くと大抵相手に嫌われる

あと1か月足らずで本業が終わる。立ち上げ当初から関わってきたプロジェクトが終わるタイミングで退職すると、前から決めていた。本業が終わればブランド立ち上げに専念できるのだが、今はただ、プロジェクトのクロージングの大変さに辟易とする毎日を過ごしている。

 

さて、最近エシカルジュエリーブランドのマッピングをしてみた。日本にすでに存在するエシカルブランドを調査し、それぞれの立ち位置をみていく作業だ。その後、そのマップの中で自分のブランドをどの位置に置きたいのか考えていった。

 

マッピングの過程でいくつかのブランドのカテゴリー分けが出来たので、今回はそれについて書いてみたい。

続きを読む

こちらは夜の10時半です。

戦争が始まった。21世紀のヨーロッパで、こんなことってあるのか、とたぶん皆思っている。と思いつつ、「ヨーロッパ以外の地域ではそれ以上のことが今に至るまで起こってきたよ、「こんなことってあるのか」なんて白々しい、現金な奴」という声も頭の中に響く。ウクライナの件を皮切りに、自分の思考の見直しが起こっていて、少し混乱している。

続きを読む

見た目で気づかれないハーフの話。その②

紆余曲折あり、今週サンプルの第一弾が届く予定だ。最近色々と状況が動いて、ここに書くべきことは結構あるのだが、本業が忙しいせいで書く気が起きない。殴り書きのドラフトは溜まっていく一方なのだが、それらを推敲して公開するためには一定の時間と心の余裕が必要だ。

そんな幾多のドラフトを無視して、「見た目で気づかれないハーフの話 その②」を書くことにした。なぜなら推敲なしでさくさく書けるから。もちろん、起業には全く関係ないので読み飛ばしていただいて結構。

続きを読む

世の中そんなに単純じゃない

まだジュエリーのサンプルが出来上がっていないが、出来上がったジュエリーを包む包装紙や箱、紙袋についてどんなパッケージにするか想像を膨らませている。「こういうのがいいな」というデザインがあるのだが、もちろんパッケージだってエシカルに配慮して選びたい。

続きを読む

安心安全の日本製

石を見るための必需品といえば、ルーペとピンセット。数ある中から私はルーペは日本のNikon、ピンセットはスイスのRegineというところのものを使っている。

f:id:jewellerywanderlust:20220104163919j:plain

日本×スイスの超信頼タッグ

続きを読む

大晦日も元旦もつまりただの一日

新年あけましておめでとうございます。今年はジュエリーブランドをいよいよ始動させることが目標です。ご興味を持っていただいた皆さんには、引き続き見守っていただければ幸いです。

 

と、2021年大晦日に書いている。なぜならば家族のいるリビングにずっといるのがしんどいからだ。

続きを読む

アメ横でひとり呑みする勇気がない

2021年大晦日。1年を振り返るにはぎりぎりすぎるが、このブログは自分のための備忘録なので、駆け足で一応振り返る。

  • 2月 ジュエリーブログを書き始める。
  • 8月 エシカルジュエリーブランド立ち上げを決意する。
  • 9月 ブランド立ち上げ準備を本格的に始める。
  • 10月 調達した最初の石が到着する。
  • 11月 工房と初打ち合わせをする。
  • 12月 ゴム型が完成する。キャスト依頼が完了する。
続きを読む